Excelブックで大きなデータセットを使用する場合、空白のセルまたは空白のセルのセットを削除する必要がある場合があります。 このプロセスには時間がかかる場合があります。 大量のデータがある場合。 ワークブックを調べて、空白のセルを個別に削除する代わりに、複数の選択を行ってExcelに処理を任せることができます。 この方法を使用すると、同じアクションを手動で実行する場合に比べて、時間を節約できます。

Excelブック内の空白セルを削除する

以下のスクリーンショットは、複数の列にデータがあるワークブックを示しています。 各列の間には空白のセルがあります。 それらは私が削除したいセルです。 そのためには、空白のセルを含むデータの範囲のみを強調表示します。

エクセル1

[ホーム]タブの[編集]グループで、[検索と選択]をクリックし、[特殊文字に移動]をクリックします。

Excel 2

[ブランク]ラジオボックスを選択し、[OK]をクリックします。

Excel 3

Excelがスプレッドシート内のすべての空白セルの隣接しない選択を行ったことがわかります。 これにより、不要なセルを簡単に削除できます。

Excel 4

[ホーム]タブの[セル]グループで[削除]をクリックし、行または列の空白のセルを削除するかどうかを選択します。 私の場合、空の列を削除するだけです。

Excel 5

それでおしまい! これで、ブックの見栄えが良くなりました。

Excel 6

Excel 2016 for Macの使用

MacバージョンのExcelを使用している場合、この機能は[編集]> [検索]> [移動]にあります。

スクリーンショット2016-02-21 at 7.35.35 PM

次に、[移動]画面で、[特別]ボタンをクリックします。

スクリーンショット2016-02-21 at 7.35.50 PM

次に、「ブランク」ラジオ・ボックスを選択して、「OK」をクリックします。

スクリーンショット2016-02-21 at 7.36.21 PM

これですべてです! これにより、上司のためのすっきりしたスプレッドシートやワークブックを簡単に作成できます。 また、古いバージョンのExcelを実行している場合は、Excel 2010または2007で空のセルを削除する方法に関する以前の記事を必ずお読みください。