マイクロソフトがOutlook 2010インタラクティブリボンガイドをリリース

アプリケーションの1つをインストールすると、リボンガイドがSilverlightベースの通常のHTMLドキュメントにすぎないことがすぐにわかります。 インタラクティブなリボンガイドを使用すると、仮想Office 2003環境に移動できます。ここから、メニューを開いて項目にカーソルを合わせると、2010年にそれらの場所が表示されます。これは非常に単純化されており、Microsoftの計画どおりに機能しているようです。ユーザーは新しいリボンインターフェイスに調整するのに苦労しています。 テスト中に遭遇した唯一の問題は、Silverlightインターフェースのあちこちにある不具合でした。 全体的に話すことは何もありません。

Office 2010リボンインタラクティブガイド

さらに興味深いのは、マイクロソフトがインタラクティブガイドの右上に小さな青い参照ボタンを追加したことです。 このボタンをクリックすると、Microsoftがダウンロードできるスプレッドシートがダウンロードできるページが表示されます。これは、新しいOffice 2010リボンの使い方を見つけるのに役立つインタラクティブガイドに似ています。

Office 2003からOffice 2010リボンガイド

マイクロソフトが彼らの教訓を学び、彼らが初めてリボンを導入したときに彼らが完全に混乱したユーザーに耳を傾けているように見えます。 新しいリボンはマイクロソフトをユーザーから遠ざけ、ほとんどの企業アメリカの信頼をほとんど失いました。 明らかにMicrosoftは注意を払い、今度はできる限り最善を尽くして彼らを支援しています。